睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別講演で素晴らしい成果を実感!!

<<   作成日時 : 2019/01/11 17:35  

トラックバック 0 / コメント 0

つい最近の睡眠への関心の高まりは確かでした!

昨年12月、なんと約500人もの参加者が睡眠の特別講演を聴きに来て下さったのです。

場所は東京都練馬区練馬文化センターホール。主催は練馬区学校保健会と教育委員会です。

対象は区内の教員、学校医、養護教論、保健師、薬剤師、栄養士など学校教育に関わる方々、そして、区内の保護者、一般の方々でした。

画像



主催の係の方によれば、雨にもかかわらず、保護者の方々が大勢いらしていたことにびっくりしたとのこと。 

確かにお母様方の関心が深かったのは実感でき、これには本当に感動しました。

これがもし、3、4年前だったら、パラパラしか参加者がなかったであろうと思うからです。


画像



画像



講演は第37回東京都練馬区学校保健大会のプログラムの一環として行われました。

実は2017年12月に学校保健の推進実践校の練馬区旭ヶ丘小学校で学校医、教員、学校薬剤師、保護者の方々に向けた講話会の依頼があり、実施しました。旭丘小学校は今回、学校功労として練馬区民表彰を受けました。そのご縁で睡眠の特別講演となったようです。


プログラムには中学校食育研究会による小中学校の食育取り組みの研究発表もあり、練馬区が学校保健推進活動に非常に熱心であることを窺わせました。


画像


講演の内容は、いつもと違い、私自身の睡眠障害の経緯から始めました。

そして、現在の日本の社会がいかに睡眠への関心が低いかについても述べさせて頂き、微力ながら問題提起をした次第です。


画像



思えば、睡眠の重要性など知ることもなく働き続けた昭和の時代、

長い不況の中で過酷なリストラやブラック企業、過労死、うつ病、自殺などの問題に苛まれた平成、

・・・この長い時代を私は自身の睡眠障害とともに生きてきたわけです。


画像


そして、平成も終わりを告げるころ、ようやく睡眠負債の害が社会に知られることとなり、睡眠への関心は大いに高まりました。


しかし、自分の睡眠をいかに改善するか、そもそも改善が必要な睡眠であるかどうかといった基本的な事柄については、まだまだ誤解や無関心がはびこっています。


今求められることは、家庭、教育現場また職場における、まさに一人一人への「睡眠教育」なのです。


講演後、主催者側と医師会の先生から今後も眠育を実施したいとのご意見を頂きました。

この講演の一週間後、埼玉県の自治体の医師会の先生からも同様のご意見を頂き、ようやく眠育が地について行きつつあると感じました。

画像



まだまだ小さな動きですが、他の自治体でも是非ともこのような活動をしていただきたいものです!


なんだか演説口調になりましたが、それだけ眠育に時間と思いを傾けてきた私の率直な言葉だとご理解下さい


今後は、教育機関だけでなく多くの自治体、そして事業体の広報活動へのご協力を
                                            心からお願いする次第です!!



一般社団法人日本眠育普及協会 HP https://min-iku.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別講演で素晴らしい成果を実感!!  睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる