睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 気軽に眠りを語り合う 「ソム・カフェ」  開始しました。

<<   作成日時 : 2010/10/03 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

SOM Cafe という企画を始めました。    ソムはラテン語で眠りを意味します。

講演会やセミナーでは講師との対面のコミュニケーションは難しいですね。

本当はコミュニケーションの中でこそ、気づきやアイデアが湧き出し、学びあったことが定着していくのです。

そういうことを考えると、少人数で集まってインストラクターと話し合う機会を作りたいと、ずっと思っていました。

でも、ソムカフェはそれだけではありません。

せっかく出会ったメンバーですから、後半は普通のチャットをして、交流してもらいます。

もちろん、場所はステキなカフェやレストランを選んだり、バーバアキの自宅サロンでも行います。

眠りの知識だけでなく、何か良いつながりを手に入れて欲しいと思います。



  さて、今回は第一回目で、ちとテストケースといったところです。

場所は都内某和食処。 参加者は中高年なので、やはり和食が一番です。

女性4名で50〜60代ともなれば、話はすぐ盛り上がり・・・・・さすが、おしゃべりは年季が入っています!

プライベートなこともどんどん出るし、脱線も多いのですが、終始笑いが絶えませんでした。


さて、いくつかエピソードをお知らせしましょう。

その@ 最も気になる眠り事項はやはり、「寝つき」が悪くなったと言うことがみんなに共通していました。
                睡眠は加齢とともに質が低下するので仕方がありません。 ウーム。全員納得。

 ある人は入眠時に見る夢が長く、時々目覚めるため中断されるが、また続いて行き、すぐ眠りに落ちないとのこと。

これは典型的な入眠時に見る夢で「入眠心像」といわれるものです。いわゆるレム睡眠時の夢とは違って

あまりストーリー性が無いと言われます。彼女の場合はずっと草むしりをしていたのだそうです。

彼女はこうした寝つきの悪さを気にしていましたが、特に健康に問題は無いとの事でしたから、
                                    気にする必要がないとわかってほっとしていました。

睡眠前に軽いストレッチ運動などをしてみることを提案しました。


画像

      「美貌と同じで、眠りも加齢とともに奪われていくんです」  「あらら・・・」


そのA 夢の話題と言うのは必ず出るもので、今回もしかり。

ある人が自分がいやらしい夢を何回か見たということで、この年齢で・・・自分が疑わしいとおっしゃいました。

そこで夢のメカニズムをお話して、夢を見ているときは、覚醒時の倫理観や自己抑制からは解き放たれ、
                            本能や情動が強く出現してくるということを理解してもらいました。

昔のフロイド的解釈では深刻になるようなことですが、これも安心していただきましたよ。



そのB 睡眠薬に頼ってしまうと言う人がいました。
彼女も頼ってはいけないと思っているとのことですが、癖になっているようです。

現在の睡眠薬は昔の映画にあるように自殺用に使ってみても効果はありません。それだけ安全なのです。

とは言っても、疾患や持病で睡眠薬を必要としているのでなければ、まず生活習慣から直していくほうが

先決でしょう。この方の場合は、健康で生活習慣もいいようでしたので、夕方に有酸素運動をしてみたらどうかと

提案しました。

もちろん、睡眠薬がいるのかどうかは、かならず「睡眠クリニック」に行って相談するように付け加えました。



そのC みんなで大笑い バーバアキの習慣として、パジャマになるとき、ショーツははかないということを暴露すると・・・・
やってみよう! と言う人、スースーしそうですね〜 と言う人、それでもハラマキは欠かせないという人、

寝巻き談義は盛り上がりました。



今回、もっとも感心したことは    体が賢い人 がいるということ。寝具談義をしていたとき、睡眠について全く知識がないのに、自ら楽だからと思ってしていることが、自然と理にかなっている人がいました。

                                          
これは寝るときの姿勢とか枕についてなのですが、私はそれを聞いて、こう思いました。

「現代人は頭が賢いことを賞賛するけれども、体が賢いことは見逃していると。

いえ、むしろ「体が賢い」という概念がないのかもしれないと。

つまり頭が肥大化して、体の感性が失われているということです」

彼女は「体が賢い」のです。 体が要求することが、健康に反していないのです。

だからでしょうか、とても若く見えます。


さて、ひとしきりの睡眠話が終わってからは、家族の話や最近の出来事など、おばさまのおしゃべりが続きました。


今回の ソムカフェで 、みなさん、少し眠りに意識が目覚めてくださったことを期待します。

また、皆さんが、「こういう話こそ、若い世代に伝えなくては」と言ってくださったことに感謝しています。


ソムカフェの開催については、お知らせで参加者を募集したいと思いますので、
                                 時々ブログを覗いてくださいね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気軽に眠りを語り合う 「ソム・カフェ」  開始しました。 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる