なんとなく眠りの問題 その3 私って、すごく眠ってんのに眠いの・・・

いきなり医学的な用語が出ますが、皆さんは 「時間医学」 という学問をご存知ですか。 これは最先端の医学で、このところ一般にも紹介されるようになりました。 「時間」って、勿論時間です・・・・・つまり私たちは3次元に生きているので、時間の支配からは逃れることができないわけです。・・・・我々の体の状態は一定しているわけではなく、時…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

なんとなく眠りの問題  その2  金縛り!! 「霊の仕業なの?」

「金縛りにあった、あった」と、 あるタレントがテレビの番組で言い出すと 周りのタレントたちが「それって霊でしょ」とか「○○さんって霊感強いんですね」なんて ワイワイしていましたけど・・・                     …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

女性の敵「便秘」 と 睡眠  ~なんとなく眠りの問題 その1~

眠りのブログをはじめて、だいぶ経ちますが、最近気づいたことは「睡眠」についての関心が とても高まってきたことです。 以前は睡眠インストラクターなどと言うと「この人なんやねん?」と。 (記事 ミッションはつらいよ を読んで下さいネ。) http://bl-bahba-aki.at.webry.info/200812/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食・眠・セラピー トリオセミナー開始しました! ご報告と募集

BBAKは昨年、新しいオフイスに引っ越しました! 都心の閑静な住宅街にある隠れ家的な、なかなかしゃれた建物なんです。 大きな吹き抜けのガラス張りの窓から、1人で外を眺めていると、とても癒されるし、昼ねが最高! そこで ご縁のあったお二方とトリオセミナーを始めました。次回開催予定は記事の末尾参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思わず、手を合わせた・・・被災地をたずねました。

                     流されなかった木 消えた街の一角に海風に吹かれて立っていた あの震災の日から、半年。 遅まきながら、被災地の一部に行ってきました。 ボランテイアに出かけた友人や知人から、被災地は「この眼でみるべきだ」「映像と実際は違うんだ」という 声をたくさん聞いたし、東京で後方支援にいただ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニュースレターを発行! 今までの活動をまとめてみましたよ。

睡眠インストラクターとして、かれこれ3年ちかくたち、眠りについて様々なことが蓄積できました。 このあたりで、それをきちんとまとめて皆さんに伝えようと勇み立ったのですが・・・・・・・・ そもそものきっかけは、パソコンを見るのがいやだとか、操作がめんどうとかおっしゃる方々から、 ニュースレターにしたら読んでみたいというご希望を頂い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひるね展 無事終了。 おかげさまで楽しい展示になりました。

6月15日~19日まで東京 表参道で開いた「ひるね展」は盛況のうちに終了しました! 15日から19日までは梅雨の割には天気に恵まれました。 来てくださったみなさんありがとうございます。 今回の展示は5人のアーテイストの展示と12名のアマチュア写真家の方々の作品が展示されています。 も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

このままで 終われますか?! あれから、二週間がすぎました。

はじめに東北関東大震災の犠牲者の方々に黙祷いたします。 そして、被災者の方々には、この困難を懸命に乗り越えようとしている姿に心から敬意を表すとともに 私たちも再建のために協力を惜しまないことを誓いたいと思います。     被災地におくる寄せ書きを作っているところ(湯島食堂にて) さて、あの日のことです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここはいかが? 初詣。 さほどメジャーじゃないけれど、絶対、神社の固定観念が変わるよ!

はやいですね もう2010年も終わりか~。 ついこの間、2000年問題なんて騒いでたけど、そのとき生まれたKIDS連中は、もう10歳になっちまって・・・。 こちとら、馬齢を重ねるのみで、来年は兎齢を重ねるのですね・・・ ま、でも新年はおめでたいものですから、初詣…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気軽に眠りを語り合う 「ソム・カフェ」  開始しました。

SOM Cafe という企画を始めました。    ソムはラテン語で眠りを意味します。 講演会やセミナーでは講師との対面のコミュニケーションは難しいですね。 本当はコミュニケーションの中でこそ、気づきやアイデアが湧き出し、学びあったことが定着していくのです。 そういうことを考えると、少人数で集まってインストラクターと話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴田とよさん、菊田まりこさんの何ともいえず、いい本がありました。 秋の心をしんなりと。

最近の人は本を読まなくなったというけれど 案外読書ブームだったり、速読とかが流行ってたりもしてますね。 街の本屋さんの前を通り過ぎようとすると、かわいい景品つきの雑誌が売られてたり かわいいポップが立ってたりして、ついつい買ってしまうことも。 先日、思わず、買ってしまった二冊をご紹介します。 一冊目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽しいトイレのニュース  トイレ向上委員会ーその2-

この暑いのに、「暑い」で有名な盆地にある 会津若松 に小旅行に行きました。 この地は戦国時代には伊達氏や上杉氏に治められていましたが、江戸時代に入って徳川家光の弟、保科正之が                                        転封してきた由緒ある城下町です。 また、幕末の戊辰戦争の激戦地で白虎隊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第三回 眠り姫の午後 今回も大塚文庫ですよ ☆

6月19日、天気予報は雨・・・しかもところどころ大雨     土砂降りになったらどうしよう・・・お客さんくるのかなと思っていたら・・・なんとか曇ったままで一安心。                    薄日が差してきて霧のかかるお庭     また、大塚文庫で…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ダイアログインザダーク  最初はとても恐かった!

最近メデイアでよく紹介される「暗闇レストラン」というのがあるけれど、 ダイアログインザダークはレストランではないのです。 もっとも暗闇の中で飲み物とお菓子を少しというのは体験できます。 ムム、おもしろそ! と思った方は・・・・ダメダメ!  もっと真面目に考えて下さい。 ほん…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

金哲彦のウオーキング講座に参加して。 ウオーキングで歩数増やしているだけの人、多くないですか?

運動って体にいいことわかっていても、この忙しい世の中では、なかなかままならぬものですよね。 スポーツするといえば準備ってものがいる・・・お道具にお衣装にお相手に所定の場所・・・・元来運動嫌いの私 なんか、それを思っただけで「やーめた、やーめた。めんどっちい!」となり、徐々に脂肪を増やしている次第です じゃ、家で運動すればっ…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

上海だけが主役じゃない! 中国東北地方 おもしろ写真展

万博でハイテンションの上海ですが、へそ曲がりのBBAKは中国東北部の大連・瀋陽などを訪れました。 このあたりは戦前の「満州」と言われた日本の占領地域であったため、何気に懐かしいような気もしないではない ・・・・・(何も知らないくせにさ) それに、この地に先鞭をつけていたロシア帝国の欧米的香りの名残やアカシア並木の街など想像…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

睡眠文化イベント~落語とのコラボレーション~第二回 眠り姫の午後

眠り姫の午後の第二回を開催しましたよ! 前回は純日本風の目白庭園でしたが、今回は自由が丘の「大塚文庫」にて。(図書館ではないよ) 東京目黒の自由が丘、現在は、こじゃれたお買い物スポットとして有名ですが、もともと閑静な住宅街なんです。 その住宅街の最も高い丘の上に立つ「大塚文庫」は、コンクリート打ちはなしの重厚な個人邸。…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

ネコ年なくとも、我輩はがんばるニャン!! 新年おめでとう! フニャ~ン

2013年 明けましておめでとうございます! このブログも始めてから数年たちました。 いろいろな方が訪問してくれました。ありがとうございました。 昨年は主人の「睡眠広報活動」も他分野とのコラボレーションセミナーを行い、 広報活動の方向性の一つを実感できましたとのことでございますニャン。 ご協力いただいたインストラクター…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ドイツへ行ってきましたよ。 睡眠調査隊の旅?

実は BBAKが特別に眠り関係の調査旅行を実施しているわけではないのですが、 たまたま発見があったってことなんです。 で、昨年の発見はスペインの長枕でしたが、今年はドイツなんです。 記事スペインへ行ってきました参 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月  今月のおやつ

   2008年も 終わりに近づきました           ああー、ついに今年も行ってしまう ・・・・                                  その前に陽気にクリスマスを        クリスチャンじゃなくても無邪気にクリスマスを       楽しむイノセントな日本人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

睡眠の基礎知識 親子で知って欲しいんです!

東京町田市で地域活動をしている「ハチドリのひとしずく」というグループがあります。 子供をもつお母さんたちが中心になって「ECO+P」つまり、エコロジーや世界平和を考えていこうという団体です。 BBAKが学生のころ、アメリカでUCLAの大学生たちと話したことがありますが、 彼らは環境問題や消費第一主義の社会を何とか改革し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月のおやつ  10月~11月

ああ・・もうカレンダーが終わりの方に来てしまった・・・(光陰矢の如し) でも自然は、人間の思いなどよそに・・・(哀)          コージーハウスへようこそ                                       何人様でいらっしゃいますか                   おすきなお菓…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

睡眠文化イベント~落語とのコラボ~「眠り姫の午後」

    目白庭園「赤鳥庵」(東京目白)で、立川志の吉さんにご協力頂き、眠りのイベントを主催しました。                                     これは春の桜の頃です。庭園には滝もあるんです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アファンの森と初秋の風  はじめての見学です!

森の再生に賭ける外国人といえば、CWニコルさん。 いまや、知らない人はいないといっていいほどの有名人ですが、実際にニコルさんの黒姫の森を見たことがある人は少ないと思います。 9月のはじめ、長野新幹線から信越線に乗り換えると、車窓の外にはのどかな風景が広がっていました。 空はカラリと晴れ、畑の緑もあざやかで、秋と言うには、まだ早…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沖縄の戦跡 言葉なんかすっ飛んでしまう・・・・・

日本に来た外国人学生に、よく聞かれることだが・・・・・              「沖縄ってきれいなところでしょう。いい観光コース、教えて下さい」 そんなとき、いつも考えてしまう。(自慢じゃないが、本島についてはけっこう詳しいのです) 沖縄は海は言うまでもないが、山間部も美しいし、グスク(昔の城跡)などの歴史遺跡も多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAZZ VOCALIST こんな素敵な女性はいかがですか!

最近、JAZZは昔ほど(といってもどのぐらい昔の事をいっているんでしょうね)聴かれていないようだけれども、 ジャズファンは健在である。 BBAKはJAZZは詳しくないけれども、子供の頃、しゃれものの叔父がよく聞いていたのを思い出す。 ちなみに父親は超堅物でクラシックオンリー、ベートーベンのシンフォニーを顔をしかめて聴いていたも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

トイレ向上委員会  報告ーその1ー

バーバ・アキの家では、トイレでの 「立ちSHON」 は禁止です!             老若を問わず、女子のようにきちんとお座りいただき、そっとお手を添えて用を足して頂きます  なぜなら、それは「トイレを楽しむ委員会」 {%母の日・カーネーシ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナッツの神様? マヤナッツって知ってる?

「マヤナッツ」というのはあのマヤ文明の栄えたところ、中米グアテマラの森に自生しているラモンという木の実です。    ナッツとしては知名度が低いんですが、    これが大変な優れものなんです!                     グアテマラのテイカル遺跡 このナッツを知ったのは、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真夏のオソロ体験:キャー、コワーッ!! 

またレジャー全開の夏がやってきましたが、人生、危険はいつもすぐそこに! 昨夏の知人の体験です。 昨年流行の「オモロ」ではなく、「オソロ」(恐ろ)です。                   【 ある有名大河上流での悲劇 】  前編 彼女は、その日、カヌーの川下り体験に参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治と夢

生地 津軽の金木を訪ねました。 その地は生誕百年を迎えてもひっそりとしておりました。 今、桜桃忌も終わって、金木はさぞや、またひっそりと静まり返っていることでしょう。                   弘前城址から望む夕暮れの岩木山 金木へ行くには弘前から五所河原へ出て、津軽鉄道に乗ります。 小説「津軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅田家 仰天! 「なりきり家族」 ほんとに笑わせてくれるう。 

いやいや、浅田政志さん、ほんとうに「おめでとう!!」です。 浅田さんをこのブログで紹介したのは昨年の夏でしたが、ナント! 2009.3.11 写真界の直木賞か芥川賞か、とにかくすごい 木村伊兵衛写真賞を受賞されたのです!!          そりゃ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シュガーホール 沖縄 南条市、海辺のコンサート

シュガーホール? ミルクホールの親戚か (この言葉を知ってる人はかなりのレトロ通) いえいえ、さとうきび畑の中にあるからシュガーなのです。 シュガーホールは沖縄県南条市にある海辺のコンサートホール。 ホールができたのは15年ほど前で、そのときは市町村合併前で佐敷町町立でした。 沖縄は東部のリゾート地が有名ですが、南…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

辺見庸 【自動起床装置】 睡眠クラブGU-SU-KU お薦め

 眠りの芯のところは・・・・・・・・ちっちゃな神様が住んでいるような所なんだ これは芥川賞受賞作品で、平成3年、辺見庸が受賞したものの一節です。 眠りが主題の小説は少ないが、それが芥川賞作品とは睡眠ファン(そんなのあるか?)としては嬉しい限り。 辺見は共同通信社勤務だったから、この国際通信…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

快眠 京都のお宿 ぐっすりどすえ

 最近「快眠」をキャッチフレーズにする宿泊施設が出てきましたね。    そこで、スタジオ・ソムニナ快眠調査隊は京都の快眠旅館なる宿を訪ねてみました。  快眠というと、豪華な寝室に高級な寝具とか、快眠のためのテクノ設備などを想像する人が多いでしょ。 でも、この旅館はそんな想像を吹き飛ばしてくれた。・・・と同時に    …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

漱石 対 ゲッツ 夢比べ  睡眠クラブGU SU KU お薦め

だれでも夢を見るが、人の夢の話ほど得にならんものはない。 昨日の夢を話題にするのは、よほどネタに事欠いている時だ。 けれども、夢というものはシリメツレツでコートームケイなくせに 妙にリアリティーを含み、シンボリックだったりするものである。 だから馬鹿ばかしいと思いつつも、つい解釈したくなるのも事…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

眠りの三種の神器とは?

「愛飲」と言います。 「食道楽」なんて言います。 「美食家」なんても言います。 でも、どして、「愛眠」と言わないの? あたしは「愛眠家」です。「眠り道楽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラーメンとシエスタ  スペインの思い出だよ

スペインへ旅行してから、かれこれ一年近く経とうとしているが・・・・こんなことがありましたっけ。 スペインといえばシエスタ(昼寝)が有名で、 勤勉国ハポン(日本)の民としては、「シエスタ、いいねえ」と思う反面、 「昼寝なんかして、不便でしょうがねえよー」とも思うよね。                              …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

睡眠百話 その四 また 運転手さん、フレー、フレー! の巻き

またまた、タクシー運転手さんの話だけど(タクシー協会から何ももらってません!)・・・                                     ヘ~イ、タクシ~、止まってくださ~い 睡眠で大事なことは生体時計のリズムをくずさないってことなんです。 もちろん理想的には「朝型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠百話 その二 GU-SU-KU ミッションはつらいよ

「えっ! そんな学問ってあるんですか!?」  そんなふうに驚かれるとき、「あ~・・・でも、かもしれないなァ・・・」 とうなだれてしまいます  「はぁ~?」(はぁぁ~っと上がり調子で軽い「look down 調」 の言い方)といわれるとき                          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠百話 その一 GU-SU-KU ミッションは行く  

地蔵も眠る丑三つ時・・・・・・ではないが、睡眠インストラクターのミッションは丑三つ時が本番 皆様の眠り百態を探らなければなりません・・・なんて言ったものの、本人が眠り大好き人間なので                                                  探索は夜10時までございます。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オーガニック シアター 「マンザナ わが町」を観て

「谷間の女たち」(このブログで書いたよ)を観たときにもらったチラシに井上ひさしの戯曲「マンザナ わが町」があった。 太平洋戦争中のカリフォルニアのマンザナ。 そこに日本人収容所が設けられて・・・・収容された5人の女たち・・・・初めて顔を合わす間柄なのに、 収容所長に収容者の為に劇を演ずるように命じられて・・・という話。 …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

PLO いいえ、パレスチナのではありません。

Private Live Orchestra つまり PLOです。 もう2年前のことですが、友人のアマチュア・シンガーソングライターが 学芸会みたいなアマチュア音楽会に出るからと言って、 東京、練馬にあるイタリアンレストランに来て欲しいという連絡がありました。 このレストランのマスターは音楽には全く詳しくなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オノ・ヨーコ 「平和の鐘」展の講演を聞きました

                   I LOVE YOU  I LOVE YOU ヨーコはそう言って、手にした懐中電灯を点滅させました。           i    ii    iii モールス信号のように、そんな拍で。       ヨーコのパフォーマンスです。 光は聴衆に向けられて、いろいろな方向に何度も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

睡眠の講演をしました

先日、横浜で小講演を行いました。 ワークピア 横浜にて 2回とも少人数で、時間も小一時間ほどの講演ですが、    皆さん、大変熱心に聞いてくださいました。 年齢的には熟年の方だったので、 中高年の眠りを中心に話しましたが お孫さんのいらっしゃる方が こどもの睡眠についても知りたいという要望もあり 日本の児童…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

睡眠クラブ Gu-Su-Ku 眠りは覚醒の奴隷?

「眠りは覚醒の奴隷だ」むむ、何やら難しげな言い方をして、 バーバーアキはインテリぶってしまったが・・・、 眠りは「覚醒」、つまり「起きていること」のためにあるという意味なんですが・・・。 眠るといえば、それは明日の活動のため。 「明日、早いから、もう寝ておこう」とか、 「仕事がはかどらないと困るから、ちゃんと寝よう」とか。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヨン様、ステキー! 思い出のDTMコンサート

DTMは、デモテープに使われるのが、断然多いと思います。 しかし、デモでなく、素人が苦労を重ねて作品を完成させた場合はどうだろう。 とにかく人に聞いてもらいたいというのが、人情じゃゴザンセンカ。 音楽に限らず、あらゆることで何か成し遂げたら、その成果を見て欲しいと思うのは  動物の本能でさえあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのスーパー・トランペッター、エリック・ミヤシロさんとお話して・・・

JAZZに詳しい方ならご存知の、トランペッター、エリック・ミヤシロさんを ラジオでインタビューすることになって・・・・ 実は、バーバーアキはJAZZは全くの素人なのです。 デイレクターに、世界的に活躍するスーパートランペッターと聞いて う~~ん、どうしよう、何を聞けばいいのか・・。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和楽のシンガーソングライターって?

シンガーソングライターって言えば、まず、JPOPが思い浮かぶけれど 純邦楽、いわゆる和楽にだって、 歌って奏でて、それで愛らしいっていう人がいますよ。 彼女、鈴木真為(まい)(この「真為」という漢字いいよね、ちょっとマニッシュだけど意味がいい)さんは 琴、つまり、箏曲の可憐な演奏家です。 お母様が、やはり琴の奏者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠りにおすすめの書籍   西の魔女が死んだ

映画化されて、とても有名になった物語。 睡眠にいい書籍としておすすめです。 この物語は平成6年に刊行され、3つの児童文学賞を受賞。 あらすじは・・・・・いじめに悩み登校拒否になった主人公の「まい」は、           西の魔女たる祖…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おすすめ本 危うい地球の自然 でも、ここまで見ると・・・

バーバ・アキのおすすめ本は 「フューチャー・イズ・ワイルド」サイエンスの翻訳本です。 サイエンスはあまり読まないという人こそ、是非読んでほしいな。             (ダイヤモンド社・D・デイクソン&J・アダムス 土屋晶子訳) とにかくイラストがきれい!! エコが叫ばれ、地球環境の危機が危ぶまれる昨今ですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more