睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 睡眠百話 その四 また 運転手さん、フレー、フレー! の巻き

<<   作成日時 : 2009/05/25 08:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

またまた、タクシー運転手さんの話だけど(タクシー協会から何ももらってません!)・・・

                                    ヘ〜イ、タクシ〜、止まってくださ〜い

画像


睡眠で大事なことは生体時計のリズムをくずさないってことなんです。

もちろん理想的には「朝型の生活をキープ」なんですが、現実にはそうはいかないですよね。

特に夜勤をしている人は仕方がありません。夜勤者がいなければ、現代社会は成り立ちませんし。

日勤夜勤両方必要な業界の代表といえば、やっぱり、タクシーの運転手さんでっしょ。

初老の優しそうなおじさんは「僕は早番専門なんですよ」 と話し始めました。

少し前はタクシーの運転手さんは個人が早番と遅番を入り乱れて担当していたように思いますが、
今、この運転手さんの会社では、きっちり分かれているのだそうです。

よっしゃ! それが正解!・・・バーバ・アキは深くうなずいたのでした。

彼の勤務は午前6時から午前零時すぎまで。(けっこう長い勤務ですよ〜)
ただし、1−2時間早く上がるのはかまわないが、遅いのは絶対だめだそうだ。

このあたり、業界は働きすぎによる事故に警戒しているのでしょう。

真夜中に上がって車の整備やら何やらで2時間後に帰宅し、しばらくおきているんだそうです。

それから午前8時ごろから就寝。

14時にいったん起きてから、午後10時〜5時までまた眠るのだそうです。

普通の人とは全くちがったサイクルだけれども、彼自身はこのやりかたでずっときていて、
体調はいいのだそうです。

自分なりのサイクルを定着させると生体時計もそれに準じてくるらしいですね。


眠りは必ずしも優等生一辺倒である必要は無く、おのおのが工夫して体調と相談して作っていくと言うことも
                                                 大事かも知れません。ウム。

それにしても、タクシーは一歩あやまれば乗客を死に至らしめる危険性も孕んでいるのだから
真剣にならざるを得ませんね。

でも、この運転手さん、最後には「やっぱ、きついっすよ。 そのうち引退しなくちゃあ」と、
ちょっとテレ気味におっしゃいました・・・。

そうですよね。やっぱり「お天道様と一緒」が体にも心にもいいんですもん! 

おい、おい、そこな若者、「ま、俺はこの夜型生活があってるかもな」なんて思ってないかい?
あんたのは「ただの乱れた生活」というのです!!

はやく心を入れ替えて、4月からの社会人生活にそなえなさい!

(注) そういいつつBBAKもこのところ大幅に乱れております。みなさま、すみません。


こちらも読んでみてね
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/editcheck.do




 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠百話 その四 また 運転手さん、フレー、フレー! の巻き 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる