睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS あの震災から四年。こんな展示会がありました。

<<   作成日時 : 2015/03/09 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3/11から、四年もたちましたが、復興はまだまだ途上にありますね。

あの日、私は新宿で帰宅難民となり、大都市東京の災害に対する脆弱さを思い知らされました。

先日、「3/11,2011の記憶 漫画展」(元麻布ギャラリーにて)を鑑賞してきました。

画像

                    北斎の海に原発の被害を重ねた作品

漫画というと、いわゆる漫画本を思いますが、滑稽画や諷刺画としての漫画もあります。

新聞や雑誌の記事の一コマによく使われるカリカチュアとかカートゥーン。
政治や事件などを皮肉ったり、メッセージを使えたりと欧米では社会的意味合いの強いものです。
最近の日本では、あまり見なくなりましたが・・・。

題材は、あの震災と原発事故について。外国の作家の作品を主として展示されていました。

画像

                   この作品の作者は1月のフランスでの出版社襲撃事件で亡くなりました

日本の美術といえば、コレ!と言われる北斎の、あの大胆に波を表した手法が、
皮肉にも、文字通りの大波・津波の描写と捉えられることになったのですね・・・。


画像

                  能面に放射能マークを重ねた作品

私が一番印象的だったのは、この日の丸と津波の残骸の作品でした。

画像
                   


遠く海外から、津波と原発被害を憂えつつも、日本を思う気持ちが伝わってくる作品群でした。

主催者の一人 横田吉昭さんの作品に見る五輪のマーク。
2015年の風刺ですね。

画像


現地からは離れて暮らす我々にとって、ともすれば、薄まっていく記憶。
それを今一度振り返る気持ちを忘れてほしくないと思います。

震災の年に訪れた石巻の記事も是非、読んでください!

     http://bl-bahba-aki.at.webry.info/201110/article_1.html







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの震災から四年。こんな展示会がありました。 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる