睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日経新聞社の目覚まし時計ランキング  審査員をしてきました!

<<   作成日時 : 2012/04/04 00:34   >>

トラックバック 1 / コメント 0

日経新聞の日経プラス1に出ている何でもランキングで目覚まし時計の審査員をしました。

画像

   最近は携帯で目覚まししている人が多い。
   目覚まし時計は流行らないものになって
   しまったかもしれない。
   とはいうものの、やはり目覚ましは要る。

   今、目覚ましに望まれる形は何なのか。
   そんな意味で目覚まし時計のランキング審査に
   選者として行って来ました。
   これぞ睡眠インストラクターのお仕事!

   私はアナログというよりアナクロのリンリンリンが
   好きですが、実際には電波時計・音声付を使用
   しています。
   今の日本では多機能付は当たり前です。



   これからは、この機能に加え、おもしろさやインテリアとしてのデザインのよさ、癒し機能などが
   求められるようです。
   そんな観点から、二回の書類審査を経て、選りすぐったものを実物を動かしながら順位決定。

   個人的には、女性らしくデザインの素敵なものがよかったのですが、一位のものは納得です。


   第一位 ナンダクロッキー・・・・これは時間になると動き出して床を駆け回るというもの。
                      どうしたって起きて捕まえないとだめという代物。
                      うるさい奴だけどロボットみたいで、かわいい。感情移入しそう。
   http://www.arktrading.jp/nanda/product.htm
   http://www.arktrading.jp/nanda/tocky.htm


   第二位 ライデン・・・・・とにかく起きれない人のため、すごい爆音がするもの。
                  目覚ましの基本中の基本、起こす!という代物。
                  されど、お隣の住人から苦情が出る可能性?
   http://store.shopping.yahoo.co.jp/wsm-store/seiko-nr401.html

   三位 新幹線メロデイー&ボイスクロック・・・・鉄道ファンにはたまらない仕組み。
   http://www.monomania.jp/item/jr-l185/index.html

   他にも枕の中に振動を起こす器械が入っていたり、かわいい鳥の形をしていたり、災害用の懐中電灯
   やラジオと合体していたり、逆にすっきりクールな実用型もありました。

   携帯で間に合っていても、目覚ましのおもしろいのを一台備えるのも、たのしい気がします。

睡眠関係者としては 単なる目覚ましではなく、就寝中のことを考慮にいれた製品も開発して
欲しいと思いました。いわば、夜の番人みたいな。
   
   
   
    例えば、トイレ覚醒してしまうお年寄りには、部屋が暗くて転倒したりしない様に、小さいライトがついたり
    するといいし、寝つきの悪い人にはアロマ器つきのものとか。

   皆さんも一度、WEBで目覚まし時計ランキングを検索してください。

   (記事は2012.3.24 付けの日経新聞 日経プラス1 に掲載されています)

画像









 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
睡眠インストラクター 活動報告
2008年から始めた睡眠の広報活動。 セミナー・講演・勉強会などを主催。 また他分野の方々とコラボして、睡眠文化イベントもプロデュース。 ...続きを見る
睡眠インストラクター橋爪あきのブログ
2015/02/11 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日経新聞社の目覚まし時計ランキング  審査員をしてきました! 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる