睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 思わず、手を合わせた・・・被災地をたずねました。

<<   作成日時 : 2011/10/22 22:28   >>

トラックバック 1 / コメント 0

画像

                     流されなかった木 消えた街の一角に海風に吹かれて立っていた

あの震災の日から、半年。
遅まきながら、被災地の一部に行ってきました。

ボランテイアに出かけた友人や知人から、被災地は「この眼でみるべきだ」「映像と実際は違うんだ」という
声をたくさん聞いたし、東京で後方支援にいただけでは、やはりわからないかもしれないと思いました。

訪れたところは石巻市です。仙台市から車で1時間以上、塩釜市、松島町を抜けて石巻市内に着きます。
石巻は震災で最も多い犠牲者をだした地域ですが、訪れた日はどこまでも青い空とおだやかな海。
とても、あの惨状を想像することはできませんでした。

海を見渡す日和山(ひよりやま)という高台には神社があり、この境内から石巻漁港と市内が一望できます。


画像


右手は、街のすべてが波にさらわれ、今はがれきも撤去され、夏草がところどころに茂っているだけ。
人影はなく、ときどき測量の人々が機材をかかえ忙しそうに行き来するぐらいでした。

画像


画像

              寺の建物だけは流されていないが、近くの墓地は壊滅状態であった


河をへだててた左手は不思議なことに街はきちんと姿を残しているのです。
海上に堤防があるので、そのせいだったのでしょうか。
ところが、街は完全なゴーストタウンとなっていました。

水が浸水して、家の中が破壊され、とても住める状態ではないのです。
なまじ家屋の骨組が残っていることがかえって無残な光景となっているのでした。

画像


画像


日和山の神社の境内に上がっていく細い階段があります。
あのとき、人々がどんな恐怖に駆られながら、ここを上って行ったのだろうか・・・
どんな悲しみを抱えながら、どうすることもできずに歩をすすめたのだろうか・・・
そんな思いが胸にこみ上げてきました。

画像


神社の下の墓地は、全く形をなしていませんでしたが、すでに新しいお地蔵様がたてられていました。

画像



車の残骸はまとめられ、その先には瓦礫山が作られていました。

画像


後ろに見える本当の山までの距離はさほどないので、瓦礫山の大きさがいかに巨大であるかがわかります。

画像



石巻市は震災で最も多くの犠牲者を出したところ。
この廃墟を見渡すと、自然の猛威の前になすすべもない人間の無力さに愕然とするのですが・・・

メデイアの情報ではわからなかったこともありました。
それは・・・・わずかな高さの差が、おそらく生死を分け、また建物などの損傷を分けたということ。

流された地域の後方に広がる住宅地は高台の新しい住宅街へ続きますが、その入り口あたりのわずか2〜3
メートル高くなっているところは、まるで線をひいたように建物が健在、それどころか、相当古い家屋や
塀などさえ倒れていなかったりするのです。

このあきらかに可視化した差異、なんとも心苦しい情景でした。
もちろん、家が健在でも、インフラはすべてストップしたのですから、そこの住民の被害も大きかったわけですが。
避難所での人間関係の難しさを少し、感じることが出来るようにも思いました。

とても暑い日だったのですが、海風はやや秋の気配を運んできていました。

画像


流されなかった堅固なお寺のほうから、男たちの笑い声が風に乗って聞こえてきました。
昼下がりだったので、おそらく寺の本堂で昼休みをとっている大工さんや作業員さんたちのようでした。
寺の前には、ひまわりが咲いていました。


画像


自然の営みは人間のことなど、これっぽっちも関知せぬがごとく、淡々と進められていくもの・・・
廃屋のもとにも美しい花が風に揺れていました。


あの流されなかった木の下に、ふと、見つけたものは・・・

画像



画像

               親子のお稲荷さん! めずらしいですね。

もともと、この木の下にあったのでしょうか。とすれば、お稲荷さんの社はどこへ行っちゃたんでしょう・・・
だれかが、流された親子キツネを発見して、持ち帰ったのでしょうか。キツネたちは新しいブロックに乗せられていました。
親子キツネが優しい海風の中で、じっとこちらを見ている・・・・
ここで亡くした多くの命・・・人間だけでなく、たくさんの生き物たち・・・そんなみんなを見守っているかのように。


なんだか、気が抜けたように悲しく、寂しく、虚しい思いにとらわれましたが・・・・
復興は確実に進んでもいます。

夕方、こんなところで、元気いっぱいの若者たちのお店を見つけ、名物の焼きそばを頂きました。

画像

                おいしかったですよ!

ブログには書きつくせないほど、色んな思いがありますが、とにかく がんばってほしい。東京からも応援しています!




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あの震災から四年。こんな展示会がありました。
3/11から、四年もたちましたが、復興はまだまだ途上にありますね。 ...続きを見る
睡眠インストラクター橋爪あきのブログ
2015/03/09 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思わず、手を合わせた・・・被災地をたずねました。 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる