睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ここはいかが? 初詣。 さほどメジャーじゃないけれど、絶対、神社の固定観念が変わるよ!

<<   作成日時 : 2010/12/28 01:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

はやいですね もう2010年も終わりか〜。

ついこの間、2000年問題なんて騒いでたけど、そのとき生まれたKIDS連中は、もう10歳になっちまって・・・。

こちとら、馬齢を重ねるのみで、来年は兎齢を重ねるのですね・・・

ま、でも新年はおめでたいものですから、初詣 どこにしよかと思案中の方も多いのではないでしょうか。

BBAKおすすめのところをご紹介します。

それは、ここ 東京新宿区神楽坂の「赤城神社」でございます。
と、普通の神社に見えますが・・・
画像
向かって右手奥を見ますと・・・これが現代的なマンションなのですね。

最近、東京の神社は境内にオフイスビルやマンションを建てるのが経営戦略になっているのです。
地価の高い東京都心、氏子の数が減少している神社の生き残り作戦です。

これには、BBAKは、ほんとうは大反対だったんですが・・・・
赤城神社に来てみて、これはけっこういけるのかなあと思ったりもしました。

入り口のこの立て札! んんん、たのしそ〜。


画像



画像

境内のマンションの一階にあるしゃれたカフェには若いカップルが多い。 神楽坂探訪をしている中年夫婦も。

画像

          社務所もマンション内。 おみくじって、ここに結びつけるのかあ・・・・・

          合格祈願もありますね。このあたりは「東京理科大学・法政大学」 デス。
画像
                    ちなみに理科大に入って教授と仲良くなると、神楽坂グルメになるのだとか、渋い!


画像

本殿はすっきりと軽い、クールな現代的木造で(躯体はコンクリートかも)太陽光が燦燦と入るガラス張りの設計。なんか、明るい明るい。神社の神秘性は全くなし。

そして、この境内は丘の上(神楽坂上)、本殿の裏から、江戸川台方面が一望。 ここも明る〜い

画像


「鬱蒼とした杜の奥に神秘のベールに包まれて佇む本殿は・・・・」なんて表現が神社にはよく使われるが、
ここは、にぎやかな神楽坂商店街の上にある明るく陽気な楽しい神社。

神様も、陽の当たるリビングで、おくつろぎになっていらっしゃるご様子と言いたい感じ。

日本全国がこれになったら、困りますが、ここはここで、これがいいなあという印象です。

神社だって進化しなくてはなりませんものね。

是非、たずねてみてくださいね。

* ちなみに神社向かいのレストラン「亀井堂」は洋食がおいしい!
   となりの亀井堂パン屋はレトロですよ。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしも赤城神社に行って「なんだっ!これわっ!」っておどろいた。モダンなビルが、かえって、すがすがしい感じがする。
この建築を許したご神職と、氏子の人たちを尊敬するなあ〜
神楽坂って、古い料理屋さんや銭湯なんかと、おしゃれなカフェやレストランの同居する街。その象徴みたいな気がした。
たぬぽん
2011/02/16 22:14
ひさしぶり〜。たぬぽんさま。確かにシンボリックですよね。でも、かぐらはいいですよね。二宮君の「拝啓父上様」でしたっけ・・・あのドラマで全国区になったけれど、神楽の古き良きところは残したいですね。
今度は神楽でソムカフェします!
BBAK
2011/02/18 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここはいかが? 初詣。 さほどメジャーじゃないけれど、絶対、神社の固定観念が変わるよ! 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる