睡眠インストラクター橋爪あきのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 睡眠百話  その三 運転手さんフレ〜! フレ〜! の巻き

<<   作成日時 : 2012/01/15 14:32   >>

トラックバック 0 / コメント 3

         先進国は不眠大国である。  日本も例外ではない。

けれども、そうはいいつつ、一応は平和な国、日本。

とにかく、中東の国みたいに頭の上に爆弾が降ってくる  ことはない日本。

震災も大変だった、不景気も続いてる、円高だ、株安だ、就職難だといいつつ、スカイツリーには人々が殺到し、

相変わらず、グルメ番組ばかりのテレビ、子供や若者はアプリに熱中し・・・・

不眠に苦しむ人もいるけれど、遊びに熱中するあまり睡眠不足の人もおおいのではないでしょうか。

かたや、戦争している国の人はいったいどうやって眠っているのだろう・・・・バーバ・アキがそんなことを思いつつ、
新宿3丁目でタクシーに乗り込みました。 ヘ〜イ、TAXI !

画像


「いや〜、不景気というけど、みんなよく飲んでますね〜」 と、BBAKはすぐ運ちゃんに話しかける。
                                     運ちゃんとお話しするのは楽しい。乗っているときだけの儚い関係だから、気が楽なのだ。

「そのようですね」・・・・・・アララ、なんかつれない返事・・・・

「きのうは若い女性の酔っ払いがいて、ホームで寝ちゃったのよ。駅員さんに知らせたんだけど、大変だった」

「・・・・・・ま、最近は女性の方、多いですからね」・・・・なんか、慇懃無礼(インギンブレイ)な口調〜。


初老の痩せギスのこの運ちゃん、あんまり話したくないのね・・・・ しばしの無言の時間が過ぎる。

しゃーない、ケイタイでもチェックするか・・・と思ったとき、

「酔っ払いは困りますよ。ほんとうに」 運ちゃんが話し始めた。

運ちゃんは続ける。

「昔はね、酔っ払いを乗っけて、どこへ行くか聞くでしょ。 
それで、その町に着くと起こして・・・ところが、これがちょっとやそっとじゃ、起きないですよ。
何とか起こして、これからどう行ったらいいんですかって聞きますけれどね。
全然要領をえなくて、さっぱり道がわからないんですね。町中グルグルというわけですよ」

「え〜、大変ですねー」 (少し身を乗り出す)

「そんな目に何度あったかしれませんよ。
 
 ですからね、最近は、こうするんですよ。
 
 まず、行く町をきいておきますでしょ。 それから、

     お客様、どうぞ、お休み下さい。町へついたら私がちゃんと起こしてさしあげますから。
          安心なさって、ぐっすり、お眠り下さい。 
          とネ。

すると、不思議なもんで、お客様は起こしてさしあげると、しゃっきり起きるんですね。

そして道順を間違えずおっしゃいますよ。」

バーバ・アキ、「ほ〜  」 と。


車を降りてから、その話は特に気にもせず、「ま、ベテラン運転手なんだなあ」程度の感想でございました。ハイ。


夜、寝つきぎわにふと、こんなことを思い出しました。

            戦時中は当然、不眠に陥る人が多い。

            けれども、「今夜は大丈夫だよ」とだれかに言ってもらう、
            または放送などで、そのように知らされると、人々は不思議と眠れるようになるのだそうだ。
             


そう言われたって、戦争だもの、何の保障もないのに眠れるものかと、いぶかる人もいるかもしれないが、
湾岸戦争のときにも、そういう報告があったという。

BBAKは思います。  つまり 人間の眠りには、不安がいけないんですね。

              実際どうかなんて関係ない。 安心させてもらいさえすればいいんです。 

そう、あの運ちゃんだ!
運ちゃんも、最初の頃は客に何も言わなかった。
                  客は何の準備も無く眠りこけている。 だから、急に起こされると狼狽してしまう。

でも、「しっかりお声をかけて、安心させてあげれば、熟睡できて起きたらシャッキリ」

な〜るほど!! ガッテン、ガッテン、ガッテン 

あの運ちゃん、ちょっと気取った奴だったけど、すごい奴だった!

                  プロとはそういうことなんだなあ・・・


世のお母様方、かわいいお子さんを不安にさせていませんか。

         寝る前には、ちゃんと言って上げようね。

 おぼっちゃま、おじょうちゃま、どうぞ、お休み下さい。
          朝になったらママがちゃんと起こしてさしあげますから。
                 安心なさって、ぐっすり、お眠り下さい。 
    とネ


こちらも見てね  

睡眠百話 その四 また運転手さんフレー!フレー!  https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/editcheck.do

   

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよね。安心させてもらえることが安眠になるんですよね。
私は独身ですけど、一人で寝るのが寂しくて、いつも部屋の電気を付けて
TVもつけて寝ています。そうしないとなんか、不安で・・・。
いねむり王女
2009/02/05 17:48
昨日は睡眠セミナーお疲れ様でした。
斜め前に座っていたyokoです。

安心して眠る…すごく大切ですね。
私も主人と眠る時、「おやすみ。風邪引かないようにね。」と声をかけあって寝るのですが、この言葉のやりとりがあると肩の力がフッと抜けるんです。

言葉の力ってすごいですね。
運転手さん、アッパレ☆
yoko
2009/02/12 09:47
YOKOちゃん、そうかー。ご主人とね。すごくいい夫婦だと思う。仕事でどんなに嫌なことがあっても、こういう家族がいる人は安眠できるんです。おいしい料理作っていつまでも仲良くね。


いねむり王女様もいいだんなさんが見つかるといいですね。昼間の彼より夜の彼
(あっと、そういう意味じゃないよ)もよく観察して選びましょう。
バーバ・アキ
2009/02/13 00:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠百話  その三 運転手さんフレ〜! フレ〜! の巻き 睡眠インストラクター橋爪あきのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる